必要な手続きについて

アパート建築と一軒家では、手続きがとても多いです。
一軒家であっても何かと面倒な手続きがありますが、アパート建築になると比ではありません。
まずはここにアパート建築をしたいという時の敷地調査です。
これは建設予定地としている土地にアパートを建てることができるかを調査することです。
農地だったり、相応しくない土地の場合は、いくら建てたくても許可が
おりなければアパート建築はできません。

もし、アパート建築が決定したとして、提出をしなければならないものとして、建築工事届、建築確認申請、確認通知書などがあります。
建築が終わった時には工事完了届、所有権保存登記、検査済証、建物の表示登記、抵当権設定登記などがあります。
すべて自分で行うのではなく、業者の協力の下行うことですが、煩雑な手続きが続くことから、大変かもしれません。

とはいっても、町中にはたくさんのアパートが存在しています。
手続きと言っても言われた通りの申請をするのですから、手間がかかるといった内容です。
代行という形もありますから、相談をしてみてください。

もし、高齢者の方が建築主となる場合には、様々なサポートも必要となりますが、その時には、建築会社などに相談をされると良いでしょう。
良心的な会社の選択をすることで、スムーズな流れになります。

当然のことですが、諸手続きに関しては、身内の方が行うことが多くなりますが、身内がそばに居ない方などは金融機関や自治体などに相談をされ、国からのサポートを受け、諸手続きを行うことができます。

Copyright © 2014 アパート建築に必要な手続き All Rights Reserved.